"私はあまりダイビングに興味がありません。

 あれは、なんていうか、きらきらした人がやるものですよね。まず「南の島に行く」ということ自体が無理です。南の島でなにすればいいんですか。パラソルの下でブルーハワイ飲んで、昼は陽気なインストラクターと海に潜って、夜は地元の居酒屋で現地の人と交流? そんな人間力の高いこと、できそうにありません。珊瑚礁の美しい魚たちにも気後れしてしまいそうです。

 私が親しみを感じる「海」とはもっと怖いもの。漁師町で育った祖母がつくる目玉やはらわたがごろごろ入っている魚の粗煮。フナムシがカサカサカサと走り回り、岩にはフジツボがびっしりと貼りつき、海水に浸かればコンブ(っぽいもの)がしつこく足に巻きついてくる。小学校の臨海教室では60分遠泳を強いられ、夏休みに行った伊豆の海では友達が潮に流される(※幸い、助かりました)。食うか食われるか。やるかやられるか。生きてるのか死んでるのか。私にとって海はそういうイメージなのです。

"

小説家・朱野帰子の書評ブログ : 『会いに行ける海のフシギな生きもの』吉野雄輔/武田正倫(幻冬舎)

(Source: kagayakeruseishun, via proto-jp)

"退屈がないところにアルコールがはいり込むすき間はない。アルコールは空白の時間を嗅ぎ当てると迷わずそこにすべり込んでくる。
———
「教養」のない人間には酒を飲むことくらいしか残されていない。「教養」とは学歴のことではなく、「一人で時間をつぶせる技術」のことでもある。"

今夜、すべてのバーで p.52、p.132 (via izumiumi) (via nemoi) (via jacony) (via petapeta) (via aun-059) (via dj-satosato) (via naoquixote)
2009-07-13 (via gkojay) (via usaginobike) (via usaginobike) (via it-shine-reading) (via usaginobike) (via lovecake) (via irregular-expression) (via mcsgsym) (via hustler4life) (via proto-jp)

gorg:

357_works_img_combined_img3_40180.jpg

gorg:

357_works_img_combined_img3_40180.jpg

fuckyeahcrystals:

scienceyeah:

tordles:

odditiesoflife:

The Fukang Meteorite

Back in the year 2000, an incredible meteorite weighing 2,211 pounds was discovered near Fukang, a city located in the northwestern region of Xinjiang, China. Named the Funkang meteorite, it was identified as a pallasite, a type of stony–iron meteorite. With 4.5 billion years in the making, its golden olivine mixed with silvery nickel-iron to create a stunningly beautiful mosaic effect.

Pallasites are extremely rare even among meteorites (only about 1% of all meteorites are this type) and Fukang has been hailed as one of the greatest meteorite discoveries of the 21st century.

It has since been divided into slices which give the effect of stained glass when the sun shines through them. It is so valuable that even tiny chunks sell in the region for $40 to $60 a gram. An anonymous collector holds the largest portion, which weighs 925 pounds.

WHO ELSE MISREAD THIS AS “THE FUCKING METEORITE”

fukang beautiful

God fukang dammit

(via proto-jp)

picapixels:

隙間モデリング実施中! : 情景師・アラーキーのジオラマでショー

picapixels:

隙間モデリング実施中! : 情景師・アラーキーのジオラマでショー

lickypickystickyme:

Important life lessons.
More here

(via lickystickypickyshe)

(Source: shutupbitchimperfect)

(Source: idakw)

(Source: funand-fun)

(Source: paulxlana)

(via nrdnavy)

(via prayerforthewild)

"100%- always 「常に」「必ず」
90%- almost always「ほぼ必ず」
80%- ususally, normally, generally 「普通は」「普段は」「たいていは」
70%- very often, frequently 「とてもよく」「頻繁に」
60%- often 「よく」
50%- sometimes 「ときどき」
40%- occasionally 「たまに」
20%- seldom, rarely 「めったに~ない」「ほとんど~しない」
10%- almost never, hardly ever, scarecely ever 「めったに~ない」「ほとんど~しない」
0%- never 「決して~しない」「全く~しない」「一度も~しない」"

頻度を示す16個の英語の副詞の使い方を完璧に身につける簡単訓練法 | わいわい英会話 (via mcsgsym)

(via gkojax)

"【数学の不可解なところランキング】
第5位:人数分用意されない飴
第4位:同時に自宅を出発しない兄弟
第3位:池を周回するだけの兄弟
第2位:水槽に水を注ぐ複数の蛇口
第1位:秒速1cmの速さで動く点P"

名作コピペ集めようぜ その1 (via mcsgsym)

(via gkojax)

myadeva:

cherry snow on We Heart It - http://weheartit.com/entry/54868478/via/marianna_makarova_16

myadeva:

cherry snow on We Heart It - http://weheartit.com/entry/54868478/via/marianna_makarova_16

(Source: ptaha-serena, via 503web)